« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/10

セリエA第2節

遅れましたがセリエA第2節が終了しています!
さぁ、さくっとレビューしておきましょう!

ACミラン 1-1 フィオレンティーナ

76492576_3 ミラン今季最初のビッグマッチはドロー。しかしレベルの高い面白い試合を90分展開してくれた両者に賛辞を送りたい。 勝てる試合でもあったし、負ける試合でもあった。

ややミラン優勢で進む中、27分にアンブロジーニが獲得したPKをカカが沈めてミラン先制。しかしムトゥ、リベラーニ、パッツィーニを中心に攻め立てるヴィオラが56分に同点ゴール。ムトゥのヘディングがジーダを破る。

76489848  ミランはミラニスタからブーイングを浴びるジラルディーノに代えてインザーギ、そしてカフー、エメルソン(初出場)を次々にピッチへ送り、積極的にリードを狙う。お互いに決定的なシーンを幾度も迎えたが追加点を奪えず、1-1で終了。ピルロをフリーにする代わりにカカを徹底的に潰したプランデッリ采配も面白かった。インザーギは光る動きを見せたが得点には至らず。ミラン、ヴィオラは勝ち点4でともに3位。

エンポリ 0-2 インテル

76450547_2 この試合は放送なし。インテルはイブラヒモビッチとスアソの2トップで臨む。17分に早速イブラがマイコンのクロスに右足で合わせ先制。エンポリはミランからレンタルされているマルゾラッティやポッツィが奮闘するもインテルを脅かせない。83分には途中出場のフィーゴが起点となり、最後はやはりズラタン・イブラヒモビッチ。インテル、エンジンがかかったか。3位浮上。

カリアリ 2-3 ユベントス

76476986_2開幕2連勝で首位キープ。とはいっても開幕戦に続き、内容は微妙だった。特に最終ラインの不安定さが目立つ。何度もミランから移籍したフォッジャがユーベを脅かし、2度のリードを追いついて見せた。しかしユベントスの粘り強さがロスタイムのフリーキックで実を結ぶ。カモラネージの美しい軌道にキエッリーニが打点の高いヘッドで合わせ、値千金の白星を勝ち取った。

ローマ 3-0 シエナ

76476887_3ローマもユーベと並んで開幕2連勝で同率首位。ローマは開幕から無失点の絶好調な滑り出しを見せている。17分にアクィラーニが痛快なミドルシュートを突き刺して先制。その後は膠着状態が続くが82分には新加入のジュリーがゲームを決定づける追加点。さらに終了間際にはエース、フランチェスコ・トッティが3点目をあげ、とどめをさした。

この日トッティは昨季欧州得点王の称号、
ゴールデンブーツ賞を授与された。

76478999_4

~ディナモ・キエフ創立80周年記念試合~

76555295_2

ディナモ・キエフ 2-2 ACミラン

76554856_3ウクライナの名門ディナモ・キエフの創立80周年記念試合の相手に招待されたミランは2-2のドロー。式典にふさわしい好ゲームとなった。ミランは今季加入の未来のスーパーエース候補、7番を引き継いだアレシャンドレ・パトがデビュー。ミランは前半0-2とリードを奪われる苦しい展開。しかし前半終了間際、ボネーラのクロスに反応したパトはヘディングで1点を返し、ミラニスタを歓喜させた。鮮烈なデビューを見て奮起したジラルディーノも得点をあげ、同点に追いつくことに成功した。

↓さぁ、パトの顔を覚えよう!笑♪

74976735_3

3節ではミランはシエナと対戦。

ロナウドの復帰戦となるか期待♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/09/02

UEFAスーパーカップ

76444781_4   

ACミラン 3-1 セビージャ UEFAスーパーカップ

76444805_2  モナコで行われたUEFAスーパーカップは、UEFAチャンピオンズリーグ王者のミランがUEFAカップ連覇のセビージャを破り、大会最多の5度目の優勝を飾った。
 試合は、先日他界したプエルタ選手に勝利を捧げようとするセビージャが、前半14分、レナトのゴールで先制。ハーフタイムにはミランの選手がセビージャ側ゴール裏に赴き、プエルタ選手を追悼する横断幕を渡すなど、感慨深いシーンも見られた。

76440150 ロッカールームでアンチェロッティ監督からもっと元気を出すよう指示を受けた選手たちは、後半から本領を発揮。54分にガッちゃんのクロスを我らがスーペル・ピッポが叩き込んで同点とすると、61分にはこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたピルロの絶妙なパスを、これまたヤンクロフスキが鮮烈なダイレクトボレーで決めて逆転。その後PKからカカが決めて勝負あり。

【ピルロのコメント】
「過去に経験した決勝の中では最高の出来だったと思うよ。
これまでも決勝では良いプレーをしてきたつもりだけどね。
でも、それらはどれも素晴らしい大会で、
勝つのはいつだって最高の気分だったんだ。
今回は今までで最も悲しい決勝だった。
こういう状況で試合をするのはとても難しいことだったけど、
プエルタ選手のために最高のスピリットで試合ができたと思う。」

写真でもわかるが、タイトルを獲得したものの、

アンブロジーニやガッちゃんにもどこか悲しい表情が残る。

でもミランのプロ意識と、人間性は本当に大好きだ。

Pueruuta

きっと皆の想いがプエルタ選手に届いたことでしょう。
安らかにお眠りください。

セリエA第2節はすでにインテル戦のみ終了しています!

ミランはフィオレンティーナのビッグマッチ!

乞うご期待!♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »