« セリエA第3~7節 | トップページ | セリエA第8節 »

2007/10/14

ミランニュース vol.1

ジーダに2試合の出場停止処分

Dida グラスゴーで行われた3日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループD第2節、セルティック対ACミラン戦で発生した事態(詳細は前回の記事参照)について、UEFA規律委員会は11日、ジーダに対しUEFA主催のクラブ大会への2試合の出場停止処分を下した。
uefa.comより抜粋)

これに対し、ミラン側はUEFAの控訴委員会に控訴する意向であると公式サイト上で述べている。詳細はこちら

マルディーニ復活の手応え

Maldini 12日、ビルバオとの練習試合を控えてキャプテン・マルディーニがコメントを残している。「4ヶ月を経て試合に出るチャンスがやってきた。嬉しいよ。適切な準備もできたしね。今晩の試合では僕やセルジーニョ、パトなどの出場機会の少ない選手にとってのテストになる。」
ミランの現状については。「最高の状態で開幕を迎えたが徐々にトーンダウンしてしまったね。でもそれも上昇傾向にあると思う。恐れを抱くことなく前を向くことが大切だ。」
さらにジーダの処分について。「(セルティックが罰金処分に留められたのに対し)この2つの処分の違いは理解できないね。ジーダは確かに過ちを犯した。それにしてもこの処分は平等ではないし、納得できない。」(livedoor sportsより抜粋)なお、ビルバオ対ミランは0-0で終えている。

栄光に輝くミラン

Nesta_kaka

10月5日にFIFProが選出した06-07シーズンの世界ベストイレブンに、ミランからカカーとアレッサンドロ・ネスタが選出された。8月30日にはUEFAクラブ年間優秀賞に、パオロ・マルディーニ(年間最優秀DF賞)、クラレンス・セードルフ(年間最優秀MF賞)、カカー(最優秀FW賞・最優秀選手賞)がそれぞれ選出されており、名誉なニュースとなった。なお、10月10日にはFIFA年間最優秀選手賞の候補30人を発表し、ミランからはジェンナーロ・ガットゥーゾ、ネスタ、アンドレア・ピルロ、カカーが選出された。この件に関し、インテルのイブラヒモビッチ、ローマのトッティが選出されなかったことが波紋を呼んでいる。

FIFProが選ぶ06-07世界ベストイレブン

Besutoirebun_4    

  

  

  

  

  

  

  

ベストイレブン…すごい。

すごいけど中盤が薄いだろ。攻撃は最大の防御!?ww

しばらく試合がないのが悲しいぜー。

ビルバオ戦ではブロッキ、グルキュフ、パト、よかったらしい☆

ジーダは控訴に乗り気じゃないらしく、

UEFAへの聴聞出席を拒否しているとか。(goal.com参照)

さて、仕切りの悪い管理人でアレですが、

今日はこの辺で!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキングへ 人気blogランキングへ

|

« セリエA第3~7節 | トップページ | セリエA第8節 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36082/8398143

この記事へのトラックバック一覧です: ミランニュース vol.1:

« セリエA第3~7節 | トップページ | セリエA第8節 »